TOP > ブログ > オフィス計画一転してホテルへ
建築情報
2019/04/30

オフィス計画一転してホテルへ






建築雑誌より紹介させて頂きます。

 

2019年4月4日、東京・銀座に新しい客室コンセプトのホテルが登場した。

良品計画が「無印良品 銀座」や「MUJI HOTEL GINZA」などを「読売並木通り」にオープンした。

 

「MUJI HOTEL GINZA」

建物の敷地面積

1342㎡

階数

地下3階 地上10階

(地下1階~6階の一部が店舗

 地上6階~10階がホテル)

延べ面積

14,241㎡

 

~MUJI HOTELのコンセプト~

ちょうど良い価格で日常生活の延長を味わえる

アンチゴージャス、アンチチープ」である。

 

このMUJI HOTELはもともとオフィスビルであったが、ホテルで空間を有効に活用するために奥行きのある細長い客室、左右隣り合う客室の水回りを互い違いに配置、オフィスビルのため天井高が2.8mと高いなど快適な空間演出に一役買っている。

 

オフィスビルに戻すことも想定しており、エスカレータの構造の変更や、建物内で移動できるようになっている。多方面に配慮する事で、複数のテナントに貸し出す形へ変更可能な設計となっている。

今後は年間300回のイベント実施を予定し、全館で年間230万人の来店を目指していく。