TOP > ブログ > CLTの床でもRC造並みの遮音性 ―大成建設が開発、ホテルや集合住宅に提案―
建築情報
2019/05/29

CLTの床でもRC造並みの遮音性 ―大成建設が開発、ホテルや集合住宅に提案―


建築雑誌より紹介させて頂きます。


♦製品名 
「T-WOOD Silent Floor」

♦開発元
大成建設株式会社

♦工法
直交集成板(CLT床)を用いた木造枢体床(CLT床)の遮音性を高める乾式工法

♦用途
木造のホテルや集合住宅

 

従来工法
建物にCLT床を適用する場合、遮音性を高めるため、上面にコンクリートを打設する。
 

デメリット
  1. 打設時にモルタルが下階へ染み出るリスクがある。
  2. 養生期間が必要なので工期が延びる。
  3. 基礎工事が大掛りになりコストが高まる。
 

新工法
CLT床の上下面を強化石こうボードで被覆し、上面に遮音性乾式二重床を設け、下面には天井面を石こうボードとした一般的な吊り天井とする。吊り天井のふところにはゼオライトを封入した袋を敷き詰める。
 

メリット
  1. コンクリートを打設しないのでモルタルが下階へ染み出るリスクが無くなり、工期やコストを減らせる。
  2. 天井板が共振して生じる騒音を抑える。
  3. ゼオライトは脱臭剤や吸収剤に使用される不燃材料である。
 
 


床面や天井面をCLT床から浮かせると遮音性を高められるが、重量床衝撃音を増幅される場合がある。これに対し大成建設は、乾式二重構造の端部に隙間を設け、気密性を下げることでその現象を回避した。
 
 

この新工法は構造全体の軽量化基礎構造の簡略化になり、コストダウンに繋がると考えられている。